CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 生田絵梨花

生田絵梨花

生田絵梨花



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

生田 絵梨花(いくた えりか、1997年〈平成9年〉1月22日 - )は、日本の女優であり、女性アイドルグループ・乃木坂46の元メンバーである。ダンスボーカルユニット「濱家 & 生田」のメンバー。ドイツ・デュッセルドルフ出身。太田プロダクション所属。身長160 cm。血液型はA型。愛称は、いくちゃん

来歴

1997年(平成9年)1月22日、ドイツのデュッセルドルフで誕生。先に習っていた姉の影響で、4歳の時からピアノを習い始める。5歳から東京で育つ。

6歳の時にミュージカル『アニー』を観た影響で、ミュージカル女優を目指す。2007年(平成19年)に、ミュージカル『ココ・スマイル5 〜明日へのロックンロール〜』で初舞台。小学生や中学生の時は、クラシックバレエ、書道、水泳、英語、ピアノ、数学と習い事の予定がみっちりと入って多忙であった。中学校へ進学後、学級委員を務めた。

中学3年生の時、父親からグランドピアノを買い与えられた。その時から歌やダンスが好きで将来は音楽の道に進みたいと考えていたところ、ちょうどインターネットで乃木坂46の1期生オーディションを知り、アイドルを目指していたつもりはなかったが、子どもの頃からミュージカルを観に行くのが好きでステージという共通点があったことから、このグループは自分の目指しているところにあると考え、母親に知らせた上で応募した。

2011年(平成23年)8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションでは2次審査でaikoの「カブトムシ」、4次審査でI WiSHの「明日への扉」、最終(5次)審査でaikoの「スター」を歌唱。暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は後列だった。同年12月、第21回日本クラシック音楽コンクール(日本クラシック音楽協会)のピアノ部門で入選。

2012年(平成24年)2月22日、乃木坂46の1stシングル『ぐるぐるカーテン』でCDデビューを果たす。同年9月、『16人のプリンシパル』(PARCO劇場)公演で観客による投票の結果、全9公演のうち6公演で主演・アリス役に選ばれた。また映画『ハンガー・ゲーム』の日本語吹替版の声優の座をめぐり乃木坂46のメンバー33人が参加した「サバイバルオーディション」に合格し、ルー役に選ばれた。

2013年(平成25年)12月17日、TOKYO DOME CITY HALLで開催されたAKB48のライブイベント『第3回AKB48紅白対抗歌合戦』で、渡辺麻友が乃木坂46の楽曲「君の名は希望」を披露した際にサプライズ出演し、ピアノ伴奏とコーラスを務めた。乃木坂46のメンバーで個人として「AKB48紅白対抗歌合戦」に出演したのは生田が初となる。

2014年(平成26年)4月20日、パシフィコ横浜で開催された8thシングル『気づいたら片想い』の個別握手会で大学進学のための準備期間として『16人のプリンシパル trois』(赤坂ACTシアター)終了後から9thシングルまで参加せず、一時休業することを発表した。同年6月15日、『16人のプリンシパル trois』で主要十役を制覇し、3年連続全公演2幕出演を達成した。その後、芸能活動を一時休業したが、10thシングルから芸能活動を再開し、同年10月に開催されたミュージカル『虹のプレリュード』では主演を務めた。同年10月8日発売の乃木坂46の10thシングル『何度目の青空か?』で初めてシングル表題曲のセンターを務めた。

2015年(平成27年)1月14日、『残念な夫。』(フジテレビ)でテレビドラマに初のレギュラー出演を果たし、ピアニストを夢みる女子高校生の細井美香役を演じた。同年1月23日、『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に乃木坂46として出演し、「君の名は希望」でピアノ伴奏を披露した。同年3月20日、高等学校を卒業後、音楽大学へ進学し、仕事を終えては約1時間ほど仮眠し、栄養ドリンクを飲んで登校する日々を送った。同年11月に東京、12月に大阪で上演された『なかよし60周年記念公演 ミュージカル「リボンの騎士」』では、主人公・サファイア役を務めた。

2016年(平成28年)1月21日に初のソロ写真集『転調』が発売され、週間推定売上3万8335部を記録し、2016年2月1日付オリコン週間ランキングでグループで初めてBOOK総合・写真集の2部門で1位を獲得した。その後、6万9238部へと売上を伸ばし、オリコン2016年上半期“本”ランキングの写真集部門で1位を獲得した。同年12月1日には、『ベスト・クラシック100』シリーズのイメージキャラクターに就任することが発表された。

2017年(平成29年)1月から3月にかけて、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』でジュリエット役、同年5月から10月にかけて、ミュージカル『レ・ミゼラブル』でコゼット役を務める。同年6月12日、ミュージカル女優として評価され、第8回岩谷時子賞奨励賞を受賞した。同年12月25日、MTV Unpluggedで乃木坂46初のソロライブ『MTV Unplugged: Erika Ikuta from Nogizaka46』が開催された。この様子はMTVで生中継され、ライブの生中継はMTV Unplugged史上初という快挙である。

2018年(平成30年)5月から6月にかけてミュージカル『モーツァルト!』でモーツァルトの妻・コンスタンツェを演じる。

2019年(平成31年 / 令和元年)1月には、ミュージカル『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』にナターシャ役で出演。同年2月から3月にかけては、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』にジュリエット役で出演。同年4月から9月にかけては、『レ・ミゼラブル』にコゼット役で出演。同年1月22日発売の2ndソロ写真集『インターミッション』が初版20万部となり、1909年創業の講談社における女性ソロ写真集として史上最多の初版部数、乃木坂46メンバーのソロ写真集の中でも過去最多初版部数となる。さらに予約殺到で発売前に重版が決定し、累計発行部数が22万部で発売開始となった。同年1月30日発売の『an・an』で女性誌の表紙にソロで初登場。2019年2月4日付オリコン週間BOOKランキングでは、初週売上17万9000部で初登場1位、女性ソロ写真集の初週売上歴代1位となった。同ランキング写真集部門で1月から2か月連続で1位を獲得。オリコン2019年上半期“本”ランキングの写真集部門で歴代1位、『転調』に続き通算2度目の上半期写真集部門1位となる売上27万5000部を記録した。上半期に続き、オリコン年間“本”ランキング 2019の写真集部門でも年間売上1位となる29万1000部を記録し、女性ソロ作品では歴代1位の年間売上である。同年4月には、『モーツァルト!』のコンスタンツェ役、『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』のナターシャ役の演技が評価され、第44回菊田一夫演劇賞を受賞。また同年11月6日には、写真集『インターミッション』により第1回野間出版文化賞特別賞を受賞した。

2020年(令和2年)3月には、ミュージカル『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド〜汚れなき瞳〜』にヒロインのスワロー役で出演。しかし、同公演は新型コロナウイルス感染症の流行の影響で、大幅な日程変更を強いられることとなった。同年7月にヒロイン・宮園かをり役での出演が予定されていたミュージカル『四月は君の嘘』は、同じく新型コロナウイルス感染症の流行の影響で全公演が中止となった。7月5日、期間限定でInstagramを開設した。同年の『日経エンタテインメント!』のタレントパワーランキング2020「女子アイドルランキング」で前年5位からランクアップして2位となる。

2021年(令和3年)3月、WOWOW presents「勝手に演劇大賞2020」女優賞を受賞。同年5月から10月にかけて上演された『レ・ミゼラブル』では、エポニーヌ役を演じた。同年10月25日、12月31日をもって乃木坂46を卒業することを発表した。12月15日発売の乃木坂46初のベストアルバム『Time flies』のリード曲で生田がセンターを務める「最後のTight Hug」が、11月5日に先行シングルとして配信リリースされた。同年12月14日には卒業記念メモリアルブック『カノン』が発売され、12月14日・15日に横浜アリーナで卒業コンサートが開催された。同年12月31日、『第72回NHK紅白歌合戦』に乃木坂46のメンバーとして出場し、「きっかけ」をピアノ伴奏担当・歌唱する乃木坂46のメンバーとして最後のステージを終了し、グループから卒業した。

2022年(令和4年)1月1日、乃木坂46合同会社から太田プロダクションへ移籍した。同年1月8日、スタッフ公式Twitterを開設した。同年2月1日、乃木坂46公式サイト内の公式ブログが閉鎖されるとともに、公式サイト『ERIKA IKUTA OFFICIAL SITE』がグランドオープンした。同年4月9日放送開始の音楽番組『Venue101』のMCに抜擢され、乃木坂46卒業後初のレギュラー番組出演となる。同年5月7日、2020年に上演予定だったミュージカル『四月は君の嘘』のメインキャストが再集結した公演が初日を迎えた。同年7月30日、自身がMCを務める『Venue101』内にて、同じくMCの濱家隆一とダンスボーカルユニット「濱家 & 生田」の結成を発表。同年8月3日・6日に初となるOFFICIAL SITE 会員限定ライブ『Erika Ikuta 2022 summer fun』を開催。

人物


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。