CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 大江裕

大江裕

大江裕



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

大江 裕(おおえ ゆたか、1989年11月16日 - )は、日本の演歌歌手である。

大阪府岸和田市出身。北島音楽事務所所属。

経歴

2007年2月18日に放送されたTBS系「さんまのSUPERからくりTV」のコーナー企画「全国かえうた甲子園」の大阪代表として出場。平成生まれの高校生(当時)でありながら演歌好き、常に敬語で話す礼儀正しいキャラクターで「演歌高校生」として注目を浴びた。後に高校を中退したが、その後も同番組で「演歌浪人」「演歌一般人」と紹介され、演歌歌手を目指していたことから、TBSアナウンサー・安住紳一郎の勧めでデモテープを送った北島音楽事務所の目に留まり、大江がかねてから弟子入りを志願し、師と仰ぐ北島三郎がペンネームである原譲二名義で作曲したシングル「のろま大将」で2009年に、北島の内弟子の経験を持たない初の北島ファミリーの一員としてデビューした。なお、カップリング曲「なんか一丁やったろかい」も原譲二名義で北島が手掛けている。

番組では素人時代からデビューに至るまでを追い続けており、大江のデビュー曲発売日である2009年2月15日放送の番組内で「のろま大将」を披露、オリコンチャートで最高位は28位(演歌部門で5位)を記録した。

2010年11月、公演中に突然過呼吸が襲い、あまりの苦しさから、そのまま救急車で運ばれた。人前で歌える状態ではなかったという。病気療養のため、歌手活動を休業することが同年12月2日付にて所属事務所から発表され、これに伴って2011年1月12日発売予定だったシングル「北風大将」も発売未定となったほか、オフィシャルブログ「恐れいります〜ぅ。大江裕です」も閉鎖された。

そんな大江に、優しい言葉をかけたのが、師匠の北島三郎だった。北島は「お前にもう一度、ステージの香りを嗅がせてやりたい、お前の歌が聴きたい、俺の側にいれば、なにも怖くないから、一緒に旅に出よう」と大江に優しく声をかけた。約1年もの間、北島三郎の付き人になる。

2012年3月7日、シングル『ふる里はいま…』のリリースを兼ねた復帰会見を行い、パニック障害を発症していたことを告白する一方、公式サイト上でも同年3月8日付で活動再開が発表された。4月29日にはデビューのきっかけとなった「SUPERからくりTV」に出演し、「大好きな音楽も聴けない、テレビも見られない、人の目が怖くて家から一歩も外に出られなかった」と闘病の日々を告白。番組の中でも北島から付き人として迎えられたが休憩時間に配慮がとられていたことや、北島と一緒の時には歌うことができても単独では困難だったことなどが明かされた。 今は歌手活動の復帰を果たしている。

2018年からは北山たけしとともに「北島兄弟」を結成し、ソロと並行して活動を開始。年末には、第60回輝く!日本レコード大賞の企画賞を受賞。そして、師匠北島三郎とともに、第69回平成最後のNHK紅白歌合戦にも特別枠で出演。

2019年北島兄弟で全国ツアー、明治座・新歌舞伎座・博多座でコンサートを開催。

2020年2月には、北島兄弟で台湾公演を成功させる。

人物

身長175cm。自称体重100kgとかなり大柄な体格である。血液型O型。靴のサイズ30cm。小さな頃から演歌好きの祖父と共に行動していたため、物心付いてから既に演歌や歌謡曲しか聴いていないという。高校中退後は自宅に引き篭もり、精神的ストレス(円形脱毛症を発症)と運動不足で以前より10kg近く増加。太ったことを周囲に指摘され、痩せようと思い立つ。その際デビュー前に会った同じ北島ファミリーの演歌歌手・北山たけしが和太鼓を叩く姿を見てその肉体美に憧れ、自身も和太鼓の訓練を行った。これにより実際に体重91kgほどに減量に成功している。しかしながら120kgまでリバウンドしてしまった。

角刈りの髪型、誰に対しても敬語で話す低姿勢の態度が特徴的で、他者に手伝ってもらう等の受けた行為に対して「恐れ入ります」と頻繁に返し、ブログのタイトルにする等、彼のトレードマークのフレーズになっている。

デビュー曲『のろま大将』の歌詞を地で行くキャラクターであり、『のろま大将』発売後はしばしば自己紹介で「のろま大将、大江裕です」そして「恐れ入りますぅ」、「平成生まれの昭和育ち」というフレーズを使っている。

趣味ははさみ将棋。高校時代、よく教頭とはさみ将棋を指していた。しかし単位不足で高校を中退、漢字検定5級不合格と勉学は苦手。そのため、小学生用の漢字ドリルを常時持ち歩いている。イベント等の都合でホテルに宿泊時の空き時間に書き取りし、誤った漢字をノートに何度も書いて覚えようとする努力家である。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。