CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 中尾ミエ

中尾ミエ

中尾ミエ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

中尾 ミエ(なかお ミエ、1946年6月6日 - )は、日本の女性歌手、女優。本名は中尾 美禰子(なかお みねこ)。福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区)出身。身長156cm。名前は中尾ミヱと表記されていた時期もある。

人物・来歴

6人兄弟姉妹の4番目。実家は書店を経営していた。

父親が事業に失敗し、1958年に一家で上京、以降は千葉県市川市で育った。福岡学芸大学附属小倉小学校を経て、市川市立真間小学校に転校。精華学園中学校時代に東宝の募集に行くが、背が小さいからダメと渡辺プロダクションを紹介される。すぐには契約してもらえず、毎日通って粘り、平岡精二のバンドに預けられ、代々木のキャンプなどで歌う。当時はスタンダード・ナンバーを歌っていた。

1961年に渡辺プロと契約。園まり・伊東ゆかりらとスパーク3人娘を結成。ザ・ピーナッツの後継として期待され、クレージーキャッツ主演の『シャボン玉ホリデー』などに出演し、一時代を築く。確かな歌唱力で、人気を博し、アメリカンポップス系を得意とする。

16歳にしてリリースした『可愛いベイビー』が大ヒット。一躍スターの座に。20歳の若さで都内に一軒家を購入して両親へプレゼントした。その後、両親の家の隣へ中尾の自宅を建てて現在もその場所で生活しており、後に自宅の隣には自己所有のアパートを建てて経営しており、大家でもある。

気の強さと歯に衣着せぬ物言いが好評で、本業以外にも『ミエと良子のおしゃべり泥棒』など、トーク番組の司会を数多く務め、美川憲一に「和田アキ子と口喧嘩すれば中尾が勝つ」と言わしめる程であった。『新春かくし芸大会』では和田と毒舌漫才を演じ、前川清がどつかれ専門で出演するという演目を演じたこともある。和田のことは『5時に夢中!』内などで「何でみんな和田アキ子を怖がるの?(笑)」と語っているが、和田もデビュー当時、ある先輩から酷いいじめにあっていたときに「先輩のミエちゃんといしだあゆみちゃんにはかばってもらったり助けてもらった」と度々語っており、和田も中尾やいしだに対して今でも頭が上がらずにいる。なお、この3人は2017年に『ボクらの時代』で共演しており、2018年には中尾と和田のコンビで『徹子の部屋』にも出演している。

また「梓みちよとはデビュー当時、下宿先でもあった渡辺晋社長の自宅で取っ組み合いのケンカを、よくしていた」と語ったことがある(梓自身も「当時から中尾とは仲は良くなかったが、互いに良きライバルでもあり歌手としての実力や才能を認めている」と語っている)。伊東や園が毎回2人のケンカの仲裁に入っていたという。その梓が、2020年1月29日に逝去した報道の後、中尾は「びっくりしました。私の天敵と言われたみちよちゃんですが、いなくなるとやはりさみしいですね。」と追悼コメントを発表している。

70代の現在も女優として映画やドラマに多数出演しているが、各種トーク番組へのゲスト出演も多く、歌番組・バラエティ・トーク・ドラマと幅広く活躍している。また、園や伊東とスパーク3人娘を再結成し、全国コンサートやディナーショー、チャリティー活動などを行っているが、一個人としても地域と絡んだ社会活動に参画している。

『5時に夢中!』(TOKYO MX)に毎週金曜コメンテーターとして出演中。2018年10月19日、かつて渡辺プロ所属の後輩歌手・沢田研二が2日前の10月17日、さいたまスーパーアリーナでのライブを自らドタキャン騒動を起こした事に、MCの原田龍二からコメントを求められた際、沢田へ呼びかけるように「贅沢言ってるんじゃないわよ。7,000人もの人が70歳のジジイの歌を聴きに来てくれてるんだから、有難いと思わなきゃ」「『僕にも意地が有る』んだったらもっと痩せろ!って」「それからヒット曲を歌いなさい。そんな訳の分からない新曲ばかり…」等とバッサリ切り捨てるも、同時に「痩せたら観れるよ。良い男なんだから」「まだ大丈夫。もう一回努力してよ、アナタ」とフォローする言葉を送っていた。

現在も毒舌は健在であるが、初期イメージはキュートな清純派で、回顧ビデオや映画ソフトの流通などにより、そうした側面も改めて流布するようになってきている。『徹子の部屋』の木原光知子追悼特集時には親友として出演した。黒柳徹子とはデビュー当時から親交があり『徹子の部屋』番組開始当時から定期的にゲスト出演しており、後輩の和田アキ子と一緒に出演経験もある。渡辺プロの先輩でもあったザ・ピーナッツの伊藤エミとは引退後もプライベートでの親交は深く、逝去後には伊藤との思い出話等のコメントに応じた。

深夜番組の大ファン。2017年8月には、以前から週刊誌等で噂になっていた自宅で50年の長き間に渡って同居しているパートナーの存在を初めて公にインタビューで語った。

2019年9月18日に、28年ぶりに古巣のワタナベエンターテインメントに復帰。同月には『週刊現代』の企画で73歳にして「最初で最後」としてグラビア姿を公開した。

音楽

シングル

  1. 可愛いベイビー/ダンスへおいで(1962年4月)(コニー・フランシスの “Pretty Little Baby” のカヴァー)
    競作。中でも中尾ミエ盤は1962年6月にミュージック・ライフの東京での邦楽売上ランキング1位を記録し、最終的に100万枚を売り上げる大ヒットとなった。今日では曲名は一般的に「可愛いベイビー」と表記されるが、発売当初は「可愛いいベビー」と表記されていた。
  2. ネクタイピンとカフスボタン/アッ・ハァー(1962年6月、PV-11)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
割引販売
な!

<トクベツ価格>
S席(1F&2F):
■ 初日公演:10,500円
★平日夜(通常):10,500円(6/1(水)以降)
●平日昼・土日夜:12,000円
土日昼:13,500円
(全席指定・税込)


【ご注意】
★カード決済のみ。
5/31(火)までにご予約の方は、7/9(土)10:00以降、
6/1(水)以降ご予約の方は、8/20(土)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可
2022年8月30日 (火) 〜
2022年9月19日 (月)
東急シアターオーブ