CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 美川憲一

美川憲一

美川憲一



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

美川 憲一(みかわ けんいち、1946年5月15日 - )は、日本の歌手、俳優、タレントである。本名は百瀬 由一(ももせ よしかず)。長野県諏訪市出身。血液型はA型。独身。

来歴

生い立ち

生い立ちは複雑で、母が妻子ある交際相手との間に出産した子供が由一(美川の本名)だった。一人で育てていた母が肺結核を患い、2歳の時に母の姉夫婦に引き取られた。実の親ではないことを知ったのは中学1年生の時だった。「2人の母親」を食べさせるために芸能界を目指し、高校を1年で中退し東宝芸能学校に入学。1964年、第17期「大映ニューフェイス」に合格する。なお、1996年に育ての母が死去。2006年に生みの母が死去している。

歌手として

古賀政男の指導を受け、1965年「だけどだけどだけど」で歌手デビュー。デビューは青春歌謡路線であり、当時は男装・美少年キャラクターであった。

芸名の「美川」は長野県・愛知県・三重県・岐阜県を流れる木曽川・揖斐川・長良川の3つの美しい川にちなむ。美川自身は長野県出身で2歳から東京に居住し、岐阜とは何の縁もなかった。デビュー当時のプロダクションの担当者が岐阜出身であり、岐阜に由来する芸名を付けられた。「川のように息が長く、美しい歌手であるように」という意味が込められている。

1966年、北海道出身で、柳ヶ瀬で流しをしていた宇佐英雄が作詞・作曲した「柳ヶ瀬ブルース」が120万枚を売り上げる大ヒットとなり、一躍スターダムへと駆け上がる。青春歌謡路線で売出し中の美川にとってムード歌謡である「柳ヶ瀬ブルース」を歌うことにはかなりの抵抗があった。事務所の社長に断りを入れたところ、「ヒット曲もないくせにふざけるな!」と激怒されたという。ぶっきらぼうに歌っているのは、柳ヶ瀬ブルースが苦手な歌だったからである。しかし、柳ヶ瀬ブルースは大ヒットし、その後様々な歌手によって続々と発表されるご当地ソングの元祖となった。「柳ヶ瀬ブルース」は映画化され、美川の映画初出演の作品となった。

1967年、「新潟ブルース」発売。売上枚数はそれほど多くなかったがカラオケで広く歌われ、リクエストランキング1位を獲得した。

1968年、「釧路の夜」がヒットし、45万枚を売り上げた。同曲で『第19回NHK紅白歌合戦』に初出場。なお「釧路の夜」も「柳ヶ瀬ブルース」同様に映画化され、美川も出演した。

ご当地ソングのヒットが続く一方で、1970年にも「みれん町」「大阪の夜」「おんなの朝」と立て続けにヒット曲を出す。「おんなの朝」は30万枚を売り上げるヒット曲となったが、当時のNHKでは「歌詞の内容が過激すぎる」という事で歌唱禁止とされた(2010年時点で解禁)。この他にもNHKで歌唱禁止の歌が複数あったことから「NHK歌唱禁止男」の異名を取る。同年、「柳ヶ瀬ブルース」で第3回日本有線放送大賞特別賞を受賞。

1971年、「おんなの朝」で第4回日本有線放送大賞スター賞・第4回日本作詩大賞大賞を受賞。同年11月に「お金をちょうだい」が発売される。当時としては奇抜なタイトルで話題となったが、当時のNHKでは歌唱禁止とされた。この曲は作詞家の星野哲郎が詩を作り、作曲家の中川博之が後からメロディーをつけ完成した作品であった。完成当初は誰が歌うか決まっておらず、菅原洋一や美空ひばりなどが候補に挙がっていた。そんな中、美川は中川の自宅まで行き「僕に歌わせてください」と直接頼み込み、美川の作品として発売される事になった。

1972年、「さそり座の女」が発売される。9.7万枚を売り上げるヒット曲となり、当時の星占いブームのきっかけとなった。しかし「さそり座の女」以降は目立ったヒット曲がなく、1974年の『第25回NHK紅白歌合戦』まで7年連続で紅白に出演していたが、翌1975年の『第26回NHK紅白歌合戦』で落選した。

1975年NHKホールでデビュー10周年記念リサイタルが開催された。

大麻による逮捕

1977年、「駅」が発売された。ドラマのエンディングに使用されたこともあり、発売後は有線リクエストでも上位にランキングされた。美川にとって久々のヒット曲になるかと言われたが、この年の10月に大麻取締法違反で逮捕されて起訴猶予となり、ヒットに結びつくことはなかった。

1980年、デビュー15周年記念リサイタルが主要都市6ケ所で開催された。

1984年、大麻取締法違反で2度目の逮捕。判決は懲役1年6か月、執行猶予3年。大麻事件以降はテレビの出演回数も減り、スナックでの営業や地方の温泉などでの公演が続いた。一時芸名を「美川けん一」に変更したが、事態が好転することはなかった。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。