CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 山口祐一郎

山口祐一郎

山口祐一郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

山口 祐一郎(やまぐち ゆういちろう、1956年10月5日 - )は、日本のミュージカル俳優。鹿児島県出身、小学校時代に東京都へ転居・以降同地で育つ。芝中学校・高等学校卒業。明治大学法学部中退。身長186cm、血液型O型。

来歴・人物

1979年、劇団四季のミュージカル『コーラスライン』のオーディションに、合唱のオーディションと間違えて応募。ダンスができないため不合格となったものの、演出家の浅利慶太から声をかけられ研究生となり、その後入団。

1981年、『ジーザス・クライスト=スーパースター』ジーザス役にてデビュー。以来、1996年に退団するまで劇団の看板俳優として活躍。在団中の代表作には前述の『ジーザス・クライスト=スーパースター』ジーザス役のほか、『オペラ座の怪人』のファントム役、ラウル子爵役等。

世界三大ミュージカルと言われている『オペラ座の怪人』、『キャッツ』、『レ・ミゼラブル』の全てに出演経験がある。

劇団四季退団後は主に東宝ミュージカルを中心に活躍。『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン、『エリザベート』のトート、『ダンス・オブ・ヴァンパイア』のクロロック伯爵他、多数演じている。

1998年、NHK大河ドラマ『徳川慶喜』の原市之進役でテレビドラマ初出演。以降テレビドラマやバラエティ番組にも多数出演。基本的にテレビ番組で歌を披露することはなく、歌番組への出演もない。また、時代劇では島津一族を演じることが多い。

2004年、第29回菊田一夫演劇賞演劇大賞を受賞。(『エリザベート』のトート、『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャンの役の演技に対して)

2013年、舞台『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン役が決定していたが、体調を整えるため休養を取ることとなり、降板。2014年の『クリエ・ミュージカル・コレクション』にて1年半振りに復帰した。

2019年、オーストリア政府よりオーストリア共和国有功栄誉金賞を受賞。

出演作品

舞台(劇団四季時代)

ミュージカル

  • ジーザス・クライスト=スーパースター(ジーザス)
  • オペラ座の怪人(初出演時はラウル子爵 / 後・ファントム)
  • キャッツ(ラム・タム・タガー)
  • コーラスライン(ボビー)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。