CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 西村朗

西村朗

西村朗



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

西村 朗(にしむら あきら、1953年9月8日 - )は、日本の現代音楽の作曲家。

人物・来歴

大阪市城東区で自転車店を営む父、大阪市城東区役所職員の母の息子として生まれる。幼い頃の夢は比叡山で僧侶になることだったが、小学校5年のとき入った放送部においてシューベルトの『軍隊行進曲』に触れたことでクラシック音楽に惹かれ作曲家を志す。大阪では下村米太郎・大橋博・山田光生らに教えを受けた後、大阪府立旭高等学校時代、池内友次郎に師事。東京藝術大学大学院まで矢代秋雄、野田暉行に師事。1980年修了。

尚美学園講師などを経て、現在、東京音楽大学大学・大学院教授、東京藝術大学非常勤講師。2003年4月から2009年3月までNHK-FM「現代の音楽」の番組担当を務めたのち、2009年4月から2012年3月の番組終了までNHK教育「N響アワー」の司会を務めた。2015年4月からは再びNHK-FM「現代の音楽」の解説を担当している。武満徹作曲賞2007年度、ガウデアムス作曲賞2009年度などの多数のコンペティションの審査員もこなす。2000年よりいずみシンフォニエッタ大阪にて音楽監督を、2010年より草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル音楽監督を務めている。

作風は旋法的な感覚を手放さない。かつて「弦楽四重奏のためのヘテロフォニー」が初演されたときの冒頭に強い違和感を感じ、冒頭の音選択を旋法的なものに書き直したほどである。近藤譲と並んで自作の音盤化は豊富な方だが、彼の場合も「紅蓮」や「汨羅の淵より」のようにディスコグラフィーに収録されていない重要作も数多い。近年は吹奏楽の世界へ新作を書き下ろしている。

受賞歴

  • 1974年 - 日本音楽コンクール作曲部門第第一位
  • 1977年 - エリザベート国際音楽コンクール作曲部門大賞・ルイジ・ダルラピッコラ作曲賞
  • 1988年・1992年・1993年・2008年・2011年・2022年 - 尾高賞
  • 1990年 - 中島健蔵音楽賞
  • 1991年 - 京都音楽賞〔実践部門賞〕
  • 1994年 - 日本現代芸術振興賞
  • 2001年 - エクソンモービル音楽賞
  • 2002年 - 第3回別宮賞
  • 2005年 - 第36回サントリー音楽賞・第47回毎日芸術賞
  • 2013年 - 紫綬褒章受章・大阪市市民表彰

主要作品

現在は全音楽譜出版社の専属作曲家である。かつては音楽之友社からも数作発売されていた。

管弦楽曲


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。