CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 香寿たつき

香寿たつき

香寿たつき



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

香寿 たつき(こうじゅ たつき、1965年11月26日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団星組トップスター(トップ期間:2001年 - 2003年)。愛称は「タータン」(本名から)。北海道札幌市出身。

所属事務所は、ホリプロ・ブッキング・エージェンシー。

略歴

生い立ち

札幌市にビブラフォン奏者・槙邦雄(まき くにお)の次女として出生する。槙は札幌放送管弦楽団専属、日本音楽家ユニオン道支部代表を歴任した。

小学生の頃からバレエを習っていた。中学時代、宝塚ファンだったバレエ教室の友人に勧められて宝塚歌劇と出会う [1]。高校時代には東京のバレエ団へ勉強に行く資金のためにイベントなど多様なアルバイトを経験。イベントのアルバイトでは石原軍団に花束を贈呈したこともある。だが、身長が伸びすぎバレエを断念。しかしダンス続行の意志は固く、宝塚音楽学校を受験、合格。この時、紫吹淳と試験会場で知り合い、合格発表で抱き合って喜ぶ様子が雑誌で紹介された。

宝塚下級生時代

1986年、72期生として宝塚歌劇団に入団。星組公演『レビュー交響楽』で初舞台。同期生に女優で元月組トップスターの紫吹淳、歌手の中条まり、現役では専科の五峰亜季がいる。同年花組に配属。香寿が組配属になったころの花組は「ダンスの花組」と呼ばれ、安寿ミラや真矢みきらが在籍していた。若手スターも同期の紫吹をはじめ、先輩の真琴つばさ、愛華みれ、後輩の姿月あさと、匠ひびき、初風緑、汐風幸、伊織直加など後のスターぞろいだった。香寿は花組のダンスが好きで、後に雪組へ組替えになった際には花組を離れるのが辛かったと語っている。

1989年に同期の紫吹らと共にニューヨーク公演メンバーに選ばれるなど、早期よりダンサーとして頭角を現す。1989年「会議は踊る」新人公演でも安寿の役が付く。1990年に「ベルサイユのばら −フェルゼン編−」で新人公演初主演。同年の「秋…冬への前奏曲」ではカレル役を演じる。本人もこの役を気に入っており、長らく「おとめ」の好きだった配役欄に記載したほか、退団後のNHKのインタビューでベスト3にあげていた。

当初は宝塚に長くいるつもりはなく、1990年の「ベルサイユのばら −フェルゼンとマリー・アントワネット編−」東京公演を機に退団を考えていた が、1991年に雪組へ組替え。1992年の「この恋は雲の涯まで」と「忠臣蔵」の新人公演で主役を務める。この際NHKスペシャル「夢の城〜タカラヅカ青春物語〜」で「忠臣蔵」新人公演に臨む香寿の姿がメインで紹介された。番組の中では、トップスター杜けあき退団後の2番手が未定であり、高嶺ふぶき・海峡ひろき・轟悠と香寿が2番手候補者であるとされた。さらに杜と香子小吹の入団7年目の序列が共に首席であることが紹介された。番組のラストでは「忠臣蔵」公演の結果を受けて、香寿が2番手候補者の先輩団員に並んだと評価を受けたとされた。1993年、「セ・ラムール」にてバウホール公演初主演。1994年、ロンドン公演に参加。若手スターとして順風満帆であった。

中堅〜2番手スター時代

しかし、1995年の「JFK」(フーヴァー長官役)、「あかねさす紫の花」(中臣鎌足役)では共に老け役の権力者を演じる。「脇役」が続いていたため、本人はスターとしての進退について悩み、慶應義塾大学の社会人入試を受験し合格するが、1996年、日本初演の「エリザベート」の皇太子ルドルフ役が決定し退団を思いとどまる。同年、古巣の花組に戻り、男役3番手として活躍。「ハウ・トゥー・サクシード」のブラッドが第1作となる。さらに「風と共に去りぬ」全国ツアー公演でアシュレを演じた後、再び雪組へ異動。

1997年雪組に男役2番手として復帰。花組から続演の「風と共に去りぬ」全国ツアーで、今度はスカーレットを演じて女役に挑戦。また、この時期にクライド役を演じたバウホール主演作「凍てついた明日」は自身の代表作となる。1999年、「ノバ・ボサ・ノバ」オーロ役を演じた。月組でも続演され、「芝居の月組」「歌唱力の雪組」と言われた。

2000年6月、専科へ異動。専科生として参加した雪組公演「凱旋門」(宝塚公演のみ参加)でボリス役を、また「ゼンダ城の虜」ヘンツォ伯爵(月組公演/以上 2000年)や「花の業平」(2001年/星組公演)では悪役を演じた。「天翔ける風に」では外部出演の形で、女性役として主演した。一方、星組公演「ベルサイユのばら〜オスカルとアンドレ編〜」ではアンドレをつとめた。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売
な!

<カンフェティ取扱チケット>
一般:10,000円
一般割引:10,000円→7,800円
U-30:7,000円 ※観劇時30歳以下
(全席指定・税込)

【ご注意】先着先行販売でご購入の方
★カード決済のみ。5/28(土)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540
(平日 10:00〜18:00)
2022年8月5日 (金) 〜
2022年8月28日 (日)
紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA
販売終了

取扱中の公演
直前販売
な!

<トクベツ価格>
【指定席引換券】先着限定!
<7日(日)・9日(火)・10日(水)・11日(木)・12日(金)・16日(火)・18日(木)・20日(土)・21日(日)・28日(日)>
一 般:10,000円
U-30: 7,000円 ※観劇時30歳以下

<6日(土)・13日(土)・14日(日)・17日(水)・19日(金)・23日(火)・24日(水)・25日(木)・26日(金)・27日(土) 13:00公演>
一 般:10,000円 → 7,800円!
U-30: 7,000円 ※観劇時30歳以下

<5日(金)・6日(土)・10日(水)・13日(土)・17日(水)・20日(土)・24日(水)・27日(土) 18:00公演>
一 般:10,000円 → 7,000円!
U-30: 7,000円  → 5,000円! ※観劇時30歳以下

(すべて税込)

【指定席引換券】
※当日、開演の45分前より受付にて座席指定券とお引き換え致します。
 連席をご用意できない場合がございます。予めご了承ください。

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540
(平日 10:00〜18:00)
2022年8月5日 (金) 〜
2022年8月28日 (日)
紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
1階席:11,000円
2階席:6,000円
3階席:3,000円
(全席指定・税込)

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540
(平日 10:00〜18:00)
2022年9月2日 (金) 〜
2022年9月11日 (日)
新歌舞伎座