CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 段田安則

段田安則

段田安則



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

段田 安則(だんた やすのり、1957年1月24日 - )は、日本の俳優。京都府京都市山科区(出生当時は東山区)出身。シス・カンパニー所属。

人物・来歴

京都市立花山中学校、龍谷大学付属平安高等学校卒業。

立命館大学文学部日本文学専攻を中退後、劇団青年座附属の青年座研究所に入所し、第5期生として1981年に卒業。

同年、野田秀樹主宰の「夢の遊眠社」へ入団し、1992年の劇団解散まで主力俳優として活動。

1996年、『ふたりっ子』で主人公の父親役を好演(同作以降、大石静脚本の常連出演者である)。

2009年の『夜の来訪者』では演出にも挑戦。

シリアスもコミカルも巧みにこなす名バイプレイヤーとして活躍。

大河ドラマでは『秀吉』(1996年)と『真田丸』(2016年)とで、2度、滝川一益を演じている。

人物

高校時代から、月に1回京都会館で文学座、劇団俳優座、劇団民藝などが行う公演を見に行っており、大学中退後文学座に入りたいと思い京都から上京したものの文学座は入れてくれず、次いで青年座の養成所にも行ったものの劇団には残れず、唯一募集していた夢の遊眠社に加入したものの、東京大学に部室があり、学生演劇のようであったため「しくじった」と思ったという。

中学時代は野球部で、プロ野球はかつて阪急ブレーブスの福本豊が好きだったというが、球団が身売り後は特に阪神タイガースのファンとなり、自身の出世作となった『ふたりっ子』でも熱烈な阪神ファンという役柄を演じた。阪神の試合を全試合録画して見る程熱心だが、2020年時点では「負けやがれ」と思いながら見ているとのこと。甲子園にも時々行くが、阪神ファンが激しく応援している中には、なかなか入って行けないという。

高校時代、エラリー・クイーンなどの小説を読んでいたが、車を運転するようになり20年ほど読書をしていなかった。しかし2019年に、乗り合わせた電車が偶然止まった際に目に止まった東野圭吾の推理小説の宣伝をきっかけに同書を購入、それ以来推理小説にハマり、宮部みゆきなどの著書を愛読するようになった。

出演

舞台

夢の遊眠社

※すべて野田秀樹の作・演出。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
直前販売
な!

<トクベツ価格>
先着限定!S席:11,000円 → 【S席引換券】会員優待価格!(チケット購入ページにて公開!)

【S席引換券】
※当日開演の60分前より劇場入口の受付にて指定席券とお引換
※連席でご用意できない場合がございます。予めご了承ください。

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。
2022年7月7日 (木) 〜
2022年7月31日 (日)
Bunkamura
シアターコクーン

取扱中の公演
特別販売

<トクベツ価格>
先着限定!S席:11,000円 → 会員優待価格!(チケット購入ページにて公開!)
(全席指定・税込)

【ご注意】
★カード決済のみ。6/18(土)10:00以降にセブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、座席番号はわかりません。予めご了承ください。

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。
2022年7月7日 (木) 〜
2022年7月31日 (日)
Bunkamura
シアターコクーン
販売終了