CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 木根尚登

木根尚登

木根尚登



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

木根 尚登(きね なおと、1957年9月26日 - )は、日本の音楽家、小説家、音楽プロデューサー。本名同じ。身長174cm、体重66kg、血液型はB型。東京都立川市出身。山梨県上野原市の日本大学明誠高等学校卒業。

略歴

1979年、SPEEDWAYのピアニスト・キーボーディストとしてシングル「夢まで翔んで」でデビュー。その後、1983年に小室哲哉、宇都宮隆とTM NETWORK(以下TM、1990年以降はTMN、1999年から再びTM)を結成、ギタリストに転向する。ソロのシンガーソングライターとしても活動。親友の宇都宮とは小学校から高校の同級生で、50年に亘る付き合い。

音楽の原点は吉田拓郎やかぐや姫などのフォークソングであり、10代の頃からアコースティックギターおよびピアノを演奏していた。SPEEDWAY時代はキーボードおよびピアノを担当。エレクトリック・ギターはTM結成から数年後に本格的に始めている。しかし、エレクトリック・ギターの演奏はカッティングが主体で、レコーディングでの収録や、ライブでのギターソロや目立つパートは松本孝弘や葛城哲哉などサポートギタリストに任せることも多い。

1989年、小室に勧められ執筆した小説『CAROL』を発表。これを皮切りにファンタジー、絵本(文のみ)からエッセイ、自叙伝、サスペンスまで幅広いジャンルで執筆、コンスタントに出版。作詞に取り組んでいる。小室の愛犬をモデルに描いた小説『ユンカース・カム・ヒア』は、後にアニメ化され、作品中に父親役で声優にも挑戦。TMのスポークスマンを務めている。

人物

3人兄弟の次男で、兄と弟が1人ずついる。実家は水道工事店を経営しており、兄が継いでいる。宇都宮と小学生時代からの親友で、付き合いは50年以上に亘る。

かつては喫煙しており、一日にタバコ(TMの時はイメージ作りのために外国産に替えたという)を3箱吸う程の愛煙家だったが、現在は禁煙している。

TMNのメンバーの中ではただ一人常時サングラスをかけているのが特徴で、TM結成時に、当時のビジュアルコーディネーターから坊主頭を提案され拒否したところサングラスが提案され受け入れた。しかし、常にサングラスをかけたことで視力が0.01にまで大きく落ちた(現在は訓練を受け回復、私生活でサングラスは常用しない)。またTM時代、シングル・アルバム『Self Control』のジャケットで初めてサングラスを外し、TMN時代「Love Train」のMVで眼鏡をかけた。

子供は娘と息子が1人ずつおり、娘は女優の木根早織(現在は名前をshaoと変更して活動)である。

2009年8月10日に東京都港区南青山の路上で歩行者との接触事故を起こした。この件に関して、所属事務所を通じて謝罪コメントを発表した。

2014年5月28日夜放送、毎日放送のバラエティ番組「今だから言えるナイショ話」(関西ローカル番組)に出演した際、「Get Wild」ではギターを弾かず、弾いているフリだけの「エアギターだった」と告白した。もともとTMでは小室とともにキーボードを演奏していたが、リーダーである小室の「キーボード2人では地味だし、木根(アコースティック)ギター弾いていたからエレキ(エレクトリック・ギター)も出来るはず」の一言がきっかけで、ギターを担当することになった。しかし「アコギとエレキは全く違う。エレキは弾いたことがない」と伝えたが「音を出さず弾く振りをしていれば良い」と言われ、それに従った(実際のライブにおいての木根のエレキギターからは小音量ながらも音が出ている)。また後のテレビ番組で、ファーストツアー以降は自身で演奏しており、(初出の)バラエティ番組の演出で歪められた部分があった。自身もその方がネタになるならと安易に乗ってしまったと述べている。そのネタを木根が逆手に取り、実際に「Get Wild」をエレキギターで演奏した動画を木根自らニコニコ動画に投稿したところ、再生回数が約40万回に迫る反響を呼んだ。

木根は本来マルチプレーヤーであるが、エレキギターにあまり興味を示さなかった理由については、アマチュア時代を描いた自伝的小説『八王子のレッド・ツェッペリン』にも書かれている。バンド活動するにあたって、エレキギターの上手いギタリストは層が厚く、探すのに苦労せず、自ら練習して習得する必要がなかったためである。

小室から「良い意味で器用な作曲家だと思う。『こういうメロディしか書けません』って事がない。色んなメロディを書きながらも、個性的なものは必ず入っているから」と評されている。

久保こーじから「ポップスのよくある手法は割と使わない。コードをやたらと動かすので、『アレンジャー泣かせ』と言われている。本人は『洋楽志向』だと言ってるけど、その割には洋楽でよくある『Aメロと同じコードをリフにも持っていく』という発想がない」「Aメロ→Bメロ→サビがきちんと用意された展開で、曲のテイストが一貫している」 と評されている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。