CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 安奈淳

安奈淳

安奈淳



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

安奈 淳(あんな じゅん、1947年7月29日 - )は、日本の女優、歌手。元宝塚歌劇団星組・花組トップスター。

大阪府箕面市出身と池田市出身の2つの説がある。。本名は富岡 美樹(とみおか みき)。身長164センチメートル、血液型B型。愛称は「オトミ」「ミキ」。

略歴

  • 両親が宝塚ファンで、子供の頃から宝塚入りをするように言われ、月に1度宝塚公演を観に行っていた。小学4年の時に人生初の男役となる、白雪姫の王子を演じた。
  • 1963年梅花中学校を卒業し、宝塚音楽学校に入学。
  • 1965年宝塚歌劇団に入団。51期生。同期に華かおり(MBSの河田直也アナウンサーの母)、高宮沙千(元雪組トップ娘役)がいる。入団時の成績は54人中8位。初舞台公演の演目は花組公演『われら花を愛す/エスカイヤ・ガールス』。
  • 1965年12月8日、雪組に配属。その後、星組に異動。
  • 1970年、鳳蘭と共に星組男役ダブルトップに選ばれた。相手役の娘役トップ大原ますみを加えて「ゴールデントリオ」と称された。
  • 1973年、『浮舟と薫の君』の薫の君で、本公演の初主演だった。
  • 1974年、花組へ組替、退団した甲にしきの後任として花組男役トップスターになる。相手役には当初は上原まり、1977年からは北原千琴も加わった。
    • 1975年、『ベルサイユのばら』で演じたオスカル役は大きな当たり役となり、第1期ベルばらブームを築く。月組の榛名由梨・星組の鳳・雪組の汀夏子とともに「ベルばら四強」と呼ばれた。1975〜76年までの2年弱、月組から組替えとなった榛名と男役ダブルトップ体制であった。
    • 1978年宝塚バウホールのこけら落とし公演『ホフマン物語』で主演。同年7月31日、花組・東京宝塚劇場公演『風と共に去りぬ(スカーレット篇)』を最後に13年間在籍した宝塚を退団。退団直前に母が58歳で死去したが、公演のため葬式に出られなかったという。
    • 退団後は東宝演劇部に所属し、舞台、テレビドラマに活躍の場を広げた。
    • 1993年、芸名を安南 潤(読み同じ)に改名していたが、1998年に上記芸名に戻している。
    • 2000年、膠原病の一種であるSLEで倒れ、長期の療養生活を余儀なくされた。
    • 2002年に『風と共に去りぬ』の演技指導で社会復帰への準備開始。その後は少しずつ舞台復帰し、コンサートやディナーショーで活躍している。2005年の花組公演『エンター・ザ・レビュー』では歌唱指導をつとめた。
    • 2005年、第14回日本映画批評家大賞のミュージカル大賞を受賞。
    • 60歳を過ぎた頃(2007年辺り)にSLEから回復し、大好きなフランスのシャンソンの曲で構成されたコンサート『ジャック・ブレルは今日もパリに生きて歌っている』で復帰。
    • 2011年、『DREAM TRAIL 〜宝塚伝説〜』の大阪公演期間中に怪我をしたため、途中休演を余議なくされた。
    • 2012年、第33回松尾芸能賞・優秀賞を受賞。

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。