CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 上原理生

上原理生

上原理生



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

上原 理生(うえはら りお、1986年10月29日 - )は、埼玉県出身のミュージカル俳優、声楽家。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。身長183cm。血液型O型。

来歴

  • 2009年3月 東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。卒業時、東京藝術大学同声会賞・アカンサス賞受賞。
  • 2011年公演の「レ・ミゼラブル」でアンジョルラス役をオーディションで射止めデビュー。
  • 2021年10月、7年間所属していた「オーチャード」を、 契約期間満了に伴い退所。
  • エピソード

    • 小さい頃から歌が好きで夢はロック歌手だった。高校入学後バンドを組もうとしていたが、音楽の先生に勧められ高校2年生より声楽を習い始める。
    • 東京藝術大学在学中より、「ドン・ジョヴァンニ」、「ジャンニ・スキッキ」、「こうもり」等、オペラ、オペレッタで舞台を踏む。ソプラノ歌手鮫島有美子のバックコーラスとしても活躍。
    • 映画「容疑者Xの献身」オリジナル・サウンドトラックにコーラスとして参加している。
    • 大学3年の時には、学生サークルによる自主企画の「レ・ミゼラブル」で、アンジョルラス、およびジャベールを演じた。演じるにあたり、「レ・ミゼラブル」2007年公演を観劇。エピローグ”世に苦しみの…”が胸に響く。
    • 大学では、舞台演出家小池修一郎の授業を受けており、素質を認められていた。
    • 「レ・ミゼラブル」オーディション一次審査では、2曲歌うことになっており、「一日の終わりに」を最初に歌った。その後アンジョルラスの歌があるからと軽めに歌い、席に戻って2曲目のイメージをふくらませていた所、“はい、お疲れ様でした”となり、“あ、落ちた”と真っ青になったが、実際は合格した。
    • 「レ・ミゼラブル」では、その歌唱力を各メディアで高く評される。

    人物・嗜好

    • 声種はバリトン
    • シューズサイズは、28cm。
    • 好きな女性のタイプは、古風で風情や情緒がわかる人。恋愛には熱くなるほう。

    出演

    舞台

    • 「レ・ミゼラブル」(帝国劇場) - アンジョルラス 役 (2011年4月8日-6月11日)
    • 「ロミオ&ジュリエット」(赤坂ACTシアター、梅田芸術劇場) - ティボルト 役 (2011年9月8日-10月20日)

     

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    S席:15,000円+さらに500Pゲット!(06/17 16時00分更新)(完売)
    A席:10,000円+さらに1500Pゲット!(06/22 16時00分更新)
    B席:5,000円(完売)
    (全席指定・税込)

    こちらのチケットは、
    [WEB予約]のみ の受付です。
    お電話でのご予約はいただけません。

    【ご注意】
    ★カード決済のみ。7月27日(水)10:00以降にセブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
    ★チケット受取り時まで、座席番号はわかりません。予めご了承ください。
    ※電話予約不可
    2022年8月1日 (月) 〜
    2022年8月31日 (水)
    帝国劇場
    販売終了