CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 金沢知樹

金沢知樹

金沢知樹



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

金沢 知樹(かなざわ ともき、1974年1月1日 - )は、日本の脚本家・演出家・構成作家・俳優・元お笑い芸人である。長崎県出身。

経歴

お笑い芸人としてデビュー。同期にゴリけんがおり、ゴリけん曰く「永遠のライバル」だという。

後に、フジテレビの『あいのり』に「金ちゃん」として出演。同番組での帰国後、様々なバラエティ番組に構成作家として参加する。

2003年、お笑い芸人数名と共に「劇団K助」を旗揚げ。主宰を務める。

2008年、舞台『部屋と僕と弟のはなし』で文芸社ビジュアルアート「星の戯曲賞」準グランプリを受賞。

2014年、脚本を担当した短編映画『半分ノ世界』(監督/斎藤工)がアメリカの国際エミー賞・最終候補にノミネート。

2016年、脚本を担当した映画『ガチ★星』監督/江口カン)がアジアフォーカス福岡国際映画祭にて上映。

雑誌『映画芸術』2018日本映画ベスト10にランクイン。(第10位)

2017年、『ゲームオブスローン』『SEX&THE CITY』などで知られるHBOのホラードラマ『TATAMI』の脚本を執筆。この作品は昨年、スペインで開催されたシッチェス・カタロニア国際映画祭で上映。

2022年公開予定の映画『サバカン SABAKAN』にて映画初監督を務める。脚本は萩森淳と共同で執筆。

カレーの腕前はプロ並を自称する。

受賞歴

  • 2008年7月 、脚本を担当したSETジェネレーション・ギャップ公演『部屋と僕と弟のはなし』が文芸社ビジュアルアート「星の戯曲賞」準グランプリ受賞。
  • 2014年、脚本を担当した『半分ノ世界』セルビア日本交換映画祭「アイデンティティ賞」を受賞。
  • 2020年、脚本を担当した福岡放送開局50周年スペシャルドラマ『天国からのラブソング』が、第57回「ギャラクシー賞」テレビ部門で奨励賞受賞。

主な作品

構成作家


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
一般(前売):4,000円
反省会パス付(前売):5,500円
(全席指定・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
アプリにチケットが表示されるまで15〜30分程度かかる場合がございます。表示が確認できない場合は、アプリの再起動やページの更新をお試しください。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
2022年8月9日 (火) 〜
2022年8月14日 (日)
ぽんプラザホール