CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 高橋克典

高橋克典

高橋克典



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

高橋 克典(たかはし かつのり、1964年〈昭和39年〉12月15日 - )は、日本の歌手、俳優、司会者。所属事務所はケイダッシュ。身長175cm、体重68kg。趣味はツーリング。神奈川県横浜市出身。

経歴

父の勝司は秋田師範学校卒業後特攻隊員となったが生きて戦後を迎え、音楽を学んだ。横浜市立南高等学校に赴任し、合唱部・マンドリン部・吹奏楽部・弦楽部を創設して指揮指導を行い、後に作曲家・指揮者として活動をしている。母の角田好子は芸大卒業の声楽家(青山学院女子短期大学・名誉教授)。父の一族は秋田県北秋田郡綴子(現、北秋田市)の地主の家系。母の一族はアメリカに移民した角田家。母方の祖父は、満州鉄道に勤務した。

3歳からピアノの英才教育を受ける。青山学院初等部・青山学院中等部・高等部卒業、青山学院大学経営学部中退。中学・高校時代はラグビー部に所属。2003年ワールドカップ放送(テレビ東京)でキャスターをつとめた。

脇役俳優を経て、1993年「抱きしめたい」で歌手デビュー。のちに俳優業もはじめ、『サラリーマン金太郎』や『特命係長 只野仁』などのヒットを得る。その後、『竜二Forever』(細野辰興監督作品)で、伝説の俳優・金子正次役に挑むなど野心的な作品も出演、評価を得ている。

2004年10月に、モデルの中西ハンナと結婚。母校の青山学院の礼拝堂で挙式。

2008年10月17日、BS朝日の『愛のワンニャン大作戦』でバラエティ番組初司会を務める。

2009年2月27日 14時39分、体重3,960gの第1子となる男児が誕生。

2010年4月3日・4月10日に放送のNHKの古代史ドラマスペシャル『大仏開眼』で時代劇初出演。同年11月2日、ベストレザーニスト2010に選ばれる。2010年皮革親善大使にも就任している。

2015年、白川郷・五箇山の合掌造り集落の世界遺産登録20周年を記念して、「白川村ふるさと観光大使」に就任。

2018年10月28日、父親の出身地「北秋田市ふるさと大使」に就任。

2020年、『麒麟がくる』で大河ドラマに初出演。物語の中心人物である織田信長の父・織田信秀を演じる。

人物

  • 八代目 中村芝翫は青山学院初等部時代からの幼馴染である(高橋の方が1学年上)。
  • 尾崎豊は、同じ高校の1学年後輩に当たる。本人は、テレビ番組などでたびたび「音楽サークルの部室で、“先輩、いい曲が出来たから聴いてよ”と言われ、彼が演奏したのが凄く格好良くて〜」というコメントをしている。
  • 梅宮辰夫は母の従兄弟(祖母と辰夫の母が姉妹)、梅宮アンナと梅宮万紗子、元アイドル「黒BUTAオールスターズ」のメンバーだった梅宮亜須加は再従妹にあたる。辰夫とは『特命係長 只野仁』で共演している(第31話ではアンナとも共演)。万紗子とは、『金曜日の恋人たちへ』『サラリーマン金太郎2』で共演している。アンナとはバラエティ番組等で共演し、また「かっちゃん」と呼ばれている。
  • 2013年1月7日放送の『ファミリーヒストリー』(NHK)で父・高橋勝司が取り上げられた。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。