CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 金原亭世之介

金原亭世之介

金原亭世之介



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

金原亭 世之介(きんげんてい よのすけ、1957年12月29日 - )は、東京都清瀬市出身の落語家。落語協会所属。所属事務所は桃花舎 →ソルトアース→キングプロダクション。本名?兒玉 亜津志

出囃子?『吉原雀(文のたより)』。日本舞踊浅茅流の名取り「浅茅 与志寿朗」の名を持つ。俳人としては「かいぶつ句会」所属、俳号は「皀角子さいかち」。大正大学客員教授。

経歴

東京都立清瀬高等学校に1976年4月卒業後、十代目金原亭馬生に入門、前座名は「駒平」。

1980年6月に古今亭菊之助、古今亭菊松、古今亭志ん八と共に二ツ目に昇進。1982年、師匠馬生の死去により、兄弟子金原亭伯楽門下に移籍。二ツ目時代は『欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子』に下宿人の「良い下宿人」役で出演、同じく「悪い下宿人」役で当時大学生の小原正也(現・柳家喬太郎)と共演し、また『笑ってる場合ですよ』や『オレたちひょうきん族』などでも出演した宮崎美子の形態模写なども評判を取り、甘い顔立ちからアイドル落語家の一人と呼ばれていた。80年代にはシンガーソングライターとしてシングル・アルバムを発売した。

1985年に「NHK新人落語コンクール」優秀賞を、1990年に「NHK新人演芸コンクール」大賞を受賞。1991年、 テレビドラマ「赤い殺意」にレギュラー出演する。

1992年3月、古今亭菊春、林家のん平と共に真打昇進、世之介に改名。1999年からはフィニッシングスクールの「ジョン・ロバート・パワーズ・スクール」で『コミュニケーション』の講師を務めた。2000年、うなぎのファーストフードショップ、鰻屋「名代宇奈とと」を考案し社長に就任するも、2003年に鰻屋「宇奈とと」を売却。

2015年〜2016年にかけて原田病とその治療の過程で糖尿病を発症、食事療法で快方に向かう。

活動

五代目円楽一門会の両国寄席にも出演している。

著書

  • 『なんで挨拶しなきゃいけないんですか〜』(三五館、2006年7月、ISBN 9784883203543)
  • 『人生、やっぱり女次第 妻と再恋愛のススメ』(三五館、2010年3月、ISBN 978-4883204946)
  • 『1週間であなたは伝説になる 挨拶のバカ力(ばかぢから)!』(三五館、2016年9月、ISBN 978-4883206797)

弟子

前座

  • 金原亭杏寿
  • 金原亭駒平

その他

  • 金原亭志ん喜

天狗連


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席(前売):10,000円
A席(前売):6,500円
(全席指定・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)

2022年8月3日 (水) 〜
2022年8月7日 (日)
シアターサンモール