CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > ヨハン・ヒンドラー

ヨハン・ヒンドラー

ヨハン・ヒンドラー



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ヨハン・ヒンドラー(Johann Hindler, 1951年 - )は、オーストリアのクラリネット奏者。

経歴

  • ウィーン国立音楽大学でペーター・シュミードルに師事、最優秀の成績で卒業。
  • 1976年、ウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団、続いて1978年、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に入団。
  • 1990年よりウィーン国立音楽大学の教授をつとめ、近年、教育者としての地位を確立。門下生には、ペトラ・ストゥンプ(世界的女流バスクラリネット奏者)、フェルディナント・シュタイナー(ザルツブルク・モーツァルテウム管首席奏者)、マティアス・ショルン(2007年よりウィーン・フィル首席奏者)、ダニエル・オッテンザマー(エルンスト・オッテンザマーの長男で、2009年秋よりウィーン・フィル首席奏者)などがおり多くの優秀な逸材を輩出。日本人では 小谷口直子らが師事している。
  • 2005年、ムーティとの日本公演では、第1奏者として『運命の力』序曲の哀愁帯びたクラリネットの音色を聞かせた。
  • ウィーン・フィル首席メンバーで構成された「ウィーン・リング・アンサンブル」メンバー。
  • ディスコグラフィー

    • 『ウィーンの森の物語』(PLCC-736)

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。