CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 萩原佐代子

萩原佐代子

萩原佐代子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

萩原 佐代子(はぎわら さよこ、1962年12月1日 - )は、日本の女優。本名:野々宮佐代子。一時期、萩原 さよ子名義で活動していた。

東京都出身。日本大学鶴ヶ丘高等学校卒業、日本大学経済学部卒業。趣味・特技は日本舞踊、ピアノ、睡眠。

来歴

妹がいる。両親の離婚と母親の再婚を経験し、引っ込み思案になってコンプレックスの塊だった日々という中学生時代のある日、東京・原宿でホリプロ傘下のモデル事務所にスカウトされ、高校時代からその事務所でモデルとして活動。

高校時代に家庭教師からカネボウレディサマーキャンペーンガール(夏目雅子、浅野ゆう子らを輩出)のオーディションのことを教えられて「優勝したら推薦者にも賞金が入るから」と出場を勧められ、合格してキャンペーンガールを務める。

ドラマ『俺んちものがたり!』で女優デビュー。1980年に『ウルトラマン80』の星涼子 / ユリアン役で出演。1983年に『科学戦隊ダイナマン』の立花レイ / ダイナピンク役で出演。1985年、事務所移籍後の1986年には『超新星フラッシュマン』にレー・ネフェル役で出演し人気を博す。同時に、ヌード写真集も発売した。

『フラッシュマン』出演後、アメリカに留学し、芸能界を引退して結婚。3児の母となるが、長い別居期間を経て、2004年、42歳で離婚。生命保険の外交員を務めていた。その後、『ダイナマン』にて南郷耕作 / ダイナイエロー役として共演していた時田優と再婚。2006年に芸能界復帰。芸能活動の傍ら、日本ブライダル連盟公認の結婚相談所のカウンセラーを務めている。

2016年から、朗読劇団「桃色旋風」 の副座長として、毎月一回定期的に公演を行っていたが、2020年1月のVol.39をもって卒業。2017年9月時点でシングルマザーであると雑誌のインタビュー で答えている。

エピソード

元々特撮ヒーローは好きで、『仮面の忍者 赤影』を始めとして多くの作品を観てきて、昭和の特撮ドラマの主題歌はだいたい歌えるという。

『ウルトラマン80』からはプロデューサーが自分のグラビアを見て「元気な子」だと思ったことで、『ダイナマン』からはプロデューサーが前述のカネボウレディサマーキャンペーンガールオーディションの東京大会、全国大会を観覧に来て覚えていたことと、ウルトラマン80も観ていたことでそれぞれ声をかけられたという。ウルトラマン80出演前に「こんな役だけど出来る?」と言われた時に、出来ますと即答したが、本当は自信が無かったと本人が話していたことがある。そして『ウルトラマン80』『ダイナマン』『フラッシュマン』の監督であった東條昭平を非常に恐れていた。『ウルトラマン80』で厳しかった東條と『ダイナマン』で再会したとき、東條は萩原に親しげに「佐代子〜」と声をかけてきたが、「円谷プロダクションの監督がなぜ東映にいるのか?どうしょう、何が何だかわからないけど、怒られる!」とパニックになり、思わず後ずさりしてしまったと数々の取材で萩原は話している。しかし『ダイナマン』の際、東條に「バカ!」と言われた萩原は緊張のあまり思わず「私バカじゃありません!」と言い返してしまった。このことをきっかけに「初めて東條に言い返したピンク」としてスタッフらに可愛がられるようになり、後に東條からも「俺に言い返してきたのはお前が初めてだったよ」と言われたという。撮影の合間の東條は、とても優しかったそうである。

運動は苦手で、アクションでは苦労したと述べている。『ダイナマン』では、千葉真一のジャパンアクションクラブに入門して、トランポリンや体の回転の仕方を習い、撮影に臨んだが、サポートを務めた春田純一からは「箸より重いものを持ったことがあるのか」と窘められたという。『ダイナマン』第46話「愛を貫くサーベル」の撮影中に足を負傷し、撮影終了後、東京医科大学に搬送されたこともあった。

猫を苦手としている。『ダイナマン』で演じた立花レイは動物と会話する研究を行っているという設定であったため小動物と共演する機会も多かったが、このことを考慮しネコだけは苦手だという設定が加えられた。

2006年の『ウルトラマンメビウス』放送中に実現はしなかったが「ユリアン / 星涼子役で客演したい」、「怪獣から逃げ惑う主婦の役でもいいので、またウルトラシリーズに出演したい」と語っていた。2010年10月に行われた『ウルトラマン80 30周年記念ファン感謝イベント』にて、同年12月公開の映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』に星涼子役ではなくユリアンの声優として出演が発表された。

出演・活動記録

テレビドラマ


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
一般(前売):4,500円
学生(前売):4,000円
グッズ付きチケットA(購入扱いの出演者が購入者へ何かを記入したパンフレット付):6,000円
グッズ付きチケットB(指定出演者ブロマイド付):5,500円
(全席指定・税込)
※小学生以下無料
※小学生以下のお客様と同伴者のお申し込みはこちらから→

プレミアムチケットのお取扱はこちら→

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。

2022年8月18日 (木) 〜
2022年8月21日 (日)
シアターサンモール

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
プレミアムチケットA(最前二列エリア席、購入扱いの出演者が購入者へ何かを記入したパンフレット、DVD付):15,000円
プレミアムチケットB(最前二列エリア席、購入扱いの出演者が購入者へ何かを記入したブロマイド付):7,000円
(全席指定・税込)
※DVDは公演終了後半年ほどしての発送となります。
 (お届け先の詳細は《備考》をご確認ください)


一般チケットのお取扱はこちら→

※WEB予約のみでの受付となります。
カンフェティチケットセンターでの電話受付はございません。

2022年8月18日 (木) 〜
2022年8月21日 (日)
シアターサンモール